みんなで大家さんはローリスクミドルリターンが魅力

連帯保証人の代わり

女の人

一般的に賃貸物件の契約には連帯保証人が必要になります。多くの場合が親族などに連帯保証人を依頼するでしょう。ですが、近年では核家族化が進み、親族に連帯保証人を依頼することが難しい場合もあります。また、少子高齢化の影響で身寄りのない老人が増えてきているのです。身寄りがない場合は、連帯保証人を探すのは困難と言えるでしょう。そのような場合でも役立つサービスが家賃債務保証サービスです。このサービスを利用すると、第三者が連帯保証人となることで賃貸物件を契約することができます。連帯保証人を用意できない方にとってはとてもありがたいサービスと言えるでしょう。家賃債務保証会社は手数料を貰うことで、万が一借主が家賃滞納をしてしまった場合に立替えてくれます。立替えた分の家賃は後から保証会社に支払う必要がありますが、万が一の場合でも安心して利用することができるでしょう。最近では、アパートやマンションなどの賃貸物件を利用する方が増えてきているので、家賃債務保証サービスの利用が前提の賃貸物件も増えてきています。理由としては、保証会社から賃貸仲介会社へのキックバックがあるからでしょう。このキックバックが仲介手数料以外の副収入としても利用されていると言われています。この場合は、連帯保証人がいても家賃債務保証サービスの利用が必要になってくる場合があるのです。まずは、賃貸物件を借りる前にしっかりと確認しておく必要があります。まずは、連帯保証人が用意できない場合に家賃債務保証サービスを利用するようにしましょう。